にきび跡はレーザーで消すことが可能~ツルツル美肌GET~

美容

お肌の悩みを解決

美容整形

ニキビ跡は自分で治すことは難しいが、病院で正しく治療をしてもらえばなおすことができます。治療方法にはレーザーや光などを利用した治療や、ヒアルロン酸やステロイドなどを注射する方法などがあります。いずれもニキビ跡に効果的ですが、副作用を伴うこともあるので医師と相談することが大切です。

治療の特徴を知る

レーザー治療

ニキビ跡の治療方法としてレーザー治療があります。この治療には種類があります。フレクセル、ブリッジセラピー、炭酸ガスレーザー、クールタッチレーザーの4つです。各々の料金体系も異なりますので、施術を受ける前には確認しましょう。

ニキビが治っても目立つ跡

看護師

ニキビがなくなっても、ニキビ跡が目立ってしまう人は少なくないです。特に、クレーターの状態は皮膚の凸凹からかなり気になってしまいます。こういうニキビ跡には、美容外科などで行われる専門的な治療で目立たなくしていくことができるので、人気のある治療となります。

コンプレックス解消

美容整形

人気があります

にきび跡と一口に言っても、様々なタイプがあります。セルフケアではケアしきれないにきび跡も美容クリニックでのレーザー治療であれば、改善させることが出来る場合もあります。これは、肌の細胞は日々、生まれ変わっています。この生まれ変わりのことを、ターンオーバーと言いますが、このターンオーバーは皮膚の比較的浅いところ、表皮と呼ばれる部分でのみ起こっていることです。つまり、にきびによる炎症が表皮にとどまっている分には、時間の経過とともに改善されますが、その下にある真皮や皮下組織にまで及んでいる場合には、改善は難しいとされます。レーザー治療であれば、真皮や皮下組織にまで作用し、にきび跡を改善させることが出来ます。今後は、女性だけではなく、男性もこのような施術を望む人が増えると考えられます。

クリニック選びが大切

にきび跡の改善をレーザー治療にて行うという場合に、注意しなければならない点としては、必ずしもレーザー治療で上手くいくとは限らないということです。一人ひとりのにきび跡のタイプにより、適している治療法は異なりますし、各クリニックで導入しているレーザー機器にも違いがあります。また、施術を行うスタッフの技術により結果が異なる場合もあります。美容を目的とした施術の場合、保険の適用外となりますので、費用はクリニックにより異なります。費用だけで施術を受けるクリニックを決めてしまうと、肌トラブルなどが起こる可能性もあります。信頼することが出来るクリニックを探すことはもちろん、気になることがあれば相談することも大切です。